2012'12.31 (Mon)

2013年のすばらしい人生のために ~おすすめの本~

 昨日、たまたま出逢った本です。


「才能の見つけ方、育て方 
 
   大好きなことをやって生きよう!」 

        本田 健 著  フォレスト出版


 是非、読んでみてください。

 きっと、少なからず みなさんの新しい年2013年に役に立つことと思います。

 小生も昨日と今日と、いろんなことが確認できたと共に、

 2013年の活動のいろいろなインスピレーションを得る事ができました。

 
 2012年もあと数時間ですね。

 みなさまにとって2013年がさらに充実したものなりますように。
18:52  |  これからの世の中  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'12.29 (Sat)

2012から新しい年2013へ!

 みなさま、こんにちは。CHUです。

いろいろな変化のあった2012年も今日を入れてあと3日ですね。
みなさまの2012年の締めはどんな感じになりそうでしょうか?

そして来年2013年はみなさんにとってどんな年になりそうでしょうか?


小生の今の感覚では、2013年はズバリ『心の時代』です。

今の若者世代を筆頭に、もう『物』だけが人生を充足してくれる時代は終わったように思います。

世の中の価値、人々が大切にするものが 身の回りで急速なスピードで 心に代表される
’目に見えないもの’へと移ってきているように感じます。


最近の報道を見ても、プロ野球界での組織マネージメントのあり方、企業経営のありかた、
学校教育のありかた など

世の中の様々な現場で、心に重きを置く 価値観が急速に見直されています。

そして、心=ひとりひとり異なるもの をベースにした地域づくり、まちづくりも

全世界のいろいろな場所で進んでいるように感じます。

幣事務所 Office CHUでも NPO法人と連携しながら、心に重きを置いた市民講座、連続講座、

個人セッション、カウンセラー養成講座に力を入れていきます。

またカラダを通じた心の癒しというアプローチも同時に提案させて頂きます。


2013年 わたしたちの日常 家庭・地域・学校・職場などに 根源的な変革が起こりますように。


まず自分が自分にやさしく、そして目の前の相手を思いやっていく。

そんなちょっとしたことを地球市民ひとりひとりがはじめていく日が来るとしたら、

どんな世の中がイメージできますか?

そう、遠くない日にそんな世の中がやってくる(そう、わたしたちで創っていく)のではと

感じています。

みなさま、良い年末年始をお過ごしください。



<年末年始のお休み>

12/29(土)~1/4(金) *1/5(土)9:00~ 2013年のOffice CHUが始まります。



*カラダの感覚を通じて これからの自分のありかたを感じてみる
2013/2/11(月祝) トレガーアプローチ1日体験ワークショップ 参加者募集中!



*3/2(土) ライフスタイル切り替えのための コミュニケーション講座 無料体験説明会(大阪市内①)参加者募集中!

*3/16(土) ライフスタイル切り替えのための コミュニケーション講座 無料体験説明会(大阪市内②)参加者募集中!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
11:59  |  これからの世の中  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'12.19 (Wed)

セラピーコモンズをご紹介します!

○● セラピー・コモンズ「セラピー活用365日アドバイス」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ~良質なセラピーをすべての人に~
  セラピーの活用はしあわせ成功実現の最短距離
 毎日20秒でセラピーを活用する秘訣がわかるアドバイス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○

 こんにちは♪
 セラピー活用の365日アドバイスをお送りさせて頂きます。

キーワード:
自分の中のカウンセラーをはぐくむ

解説:
セラピーは、セラピスト→クライアント という構図で行われると
一見思われます。
しかし、セラピストが直接クライアントを変えるわけではありません。
  
セラピストが関わるのは、クライアントの中にある自己内セラピスト
(カウンセラー)の部分に対して働きかけをおこなうだけです。

実際は、働きかけた後クライアントの自己内セラピストが変化を起こし
ていきます。
セラピスト(カウンセラー)はそのお手伝いをするだけなのです。

ですからセラピーをより効果的にし、自身が一個の人間として成長して
いくためには、受ける側自身も自分の中にあるセラピスト(カウンセラ
ー、カウンセリングマインド)をはぐくむことがとても大切です。


○セラピーの活用でみんながみんなで幸せになる
 日本最大級のセラピー専門のインターネット通販サイト
セラピー・コモンズ 公式サイト
 
-------------------------------------------------------------------------------
■□発行:セラピー・コモンズ事務局

○セラピー・コモンズの想い Vision & Mission
・セラピーの発展・普及を通して、気軽にメンタルケアを受けられ、全ての人がココロ
 の壁なく、ポテンシャルをフルに発揮し、夢をもち、自分の価値とつながり生きる
 社会を創る。
・セラピーとは、クライアントの幸福と成長のためにある。
・スタバでラテをたのむようにセラピーをすてきな私たちの日常のもの(コモンズ)
 としたい。
・良質なセラピーを必要とする人たちにもっともっと届けたい。
 
○セラピー・コモンズとは、
 セラピー・コモンズは、良質なセラピーの発展普及を通じて新たな社会を実現する
 ために設立されたソーシャル・ベンチャーです。
 
◎セラピー・コモンズ「セラピー活用365日アドバイス」
のバックナンバー・購読希望はこちら
http://archive.mag2.com/0001086148/index.html




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
18:06  |  日常生活での対処法  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'12.16 (Sun)

「自分は悪くない!」

 昨日、ある講座の事務局に入っていました。

内容が小生が今一番力を入れている「コミュニケーション講座」に近かったので、仕事の合間、久しぶりに他の人の講座に参加しているつもりの意識でいることができました。

そこで自分の中にあるトラウマを発見しました♪ 「自分は悪くない!」

小学生の頃の両親の離婚、それ以降の母子家庭による 経済的&精神的苦労。。。

すべて「自分は悪くない!」・・・ とても強い信念でした。


 さてさて、「’自分’は悪くない」となると、既にトリック(エネルギーゲーム)の世界に入っていて、’自分以外の誰か’が悪くなる必要(?!)が出てくるわけです。
この場合の悪者は、母親&その背後にいる父親というわけです。

子どものころを思い返せば、「両親のせいで、僕は○○」と よく母親を責めていたように思います。
おまけに母は精神的に不安定なところがあって、感情的(つまり理論的でない)ので、その理論的でないところも上乗せされて、よくぶつかることがあったように記憶しています。


 そういう子どもの頃の自分を今のセラピストの自分がアドバイスしてみると、こんなことが言えるのではないかと思います。

 - まず第一に母親を詰問することにより、母からエネルギーを得ている(どんなエネルギー? 自分の価値を確認するため? 存在しつづけるため?)

   特に小生の子ども時代は、「母子家庭」=「不良」という偏見が強く、世間(近所のおばさんたち)の自分を見る視線が、常に自分の存在価値を揺るがすきっかけになっていたような気がする。
   事実、ほとんどの母子家庭の友人がすぐに不良化していくのを目の当たりにしていた。
   (もちろん母子家庭のところばかりではなかっただろうけど:笑)

 - 上記の事もあり、「成績が良い子どもであり続けること」=「自分が世の中でいられ続けること」でもあった。
   つまり(ほんとうは勉強することは好きではなかったのだが)そうしないと’世の中で生きていけない’くらいの切迫感もあった。

   実際、高3のときの共通一次試験の結果が最悪だったときは、存在のピンチだったように感じる。

 - 同時に、経済的苦労を強いられている家庭を放置している(ように見える)父親の傍観者的(に見える)存在に怒りを感じていた。 ここでも「自分は悪くない!」を強く感じていたように覚えている。



・・・ 今、自分自身を感じてみると、当時の自分は、まず「常に(自分自身ではない)他の人が悪いことによって’今の自分’がいる」ということでしか、精神的なバランスを取れなかった。

    プラス、「成績の良い子ども」でいることによって、先生やクラスメイトはもちろん、友人の母親などから、「’承認’のストローク(エネルギー)」を得る必要があった。


 こんなことが感じ取れる。(^0^)


今の現状を振り返ってみても、これらの’トラウマ’が癒されていなかった今までは、自分の中の隠れたトラウマを発見させるように 子ども時代と同様の出来事が状況を変え、相手を変え、起こり続けてきたように思う。



 周りからエネルギーを受け取ることがある・なしに関わらず、「自分自身はただそこにいて、自然や宇宙からの中立的なエネルギーにいつも満たされている(吾唯足知)」

 ただそこにいるだけで、存在の価値があり、必要なものすべてに満たされている。


 今、振り返ってみると、「その学び」のために、両親の離婚、経済的苦労、母子家庭の経験などがあったんだなぁと「は・じ・め・て(笑)」感じられるように思う。


 いやぁ~、常日頃から 「教えている人ほど、それを自分に聞かせたいもの」と言ってはいるものの、今回ほど あっぱれ!!!なことは 翻って 超すばらしい~♪



 ここからまた、大きく変化していきそうです。 みなさまの中のトラウマ発見の参考になれば幸いです。(^0^)


最後まで読んでくれてありがとうございます。m(__)m 





カラダの感覚を通じて これからの自分のありかたを感じてみる
2013/2/11(月祝) トレガーアプローチ1日体験ワークショップ 参加者募集中!



*ライフスタイル切り替えのための コミュニケーション講座 (2013/4-6月)参加者募集中!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
12:01  |  トラウマ見っけ♪  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |